ブログ

色と柄。

2019/08/16

色と柄〜Vゾーン編

-はじめに

最近、めっきりネクタイをする機会も減りましたが
以前はアパレル販売員として
ネクタイをする機会も、提案する機会も頻繁にありました。

ご自身用でお探しの方はもちろん、贈り物でお考えの方から
相談を受けることも多く
その中で
何色を選んだらいいか分からない
柄同士の組み合わせってありなのか
スーツに合う色がどれか分からない
そのそも組み合わせ方が分からない
というお声をたくさんいただいていたので
もしかしたらこのブログをご覧になっている方も
同じような悩みを持っていらっしゃるのかもしれません。

スーツの販売からは一線退いておりますが
永年販売を行なってきた身として
今まで得た知識をどこかで還元できたらと思い、ブログにしたためております。
こんなの知ってるわという方が大半かもしれませんが
どなたかがこの情報をお役に立てていただけていると幸いです。

そんな感じで数回に分けてスーツのVゾーンについてお話ができたらと考えております。

-Vゾーンとは

そもそもVゾーンというのは
ジャケットを着た際の、シャツとネクタイが見える範囲のことを指します。
ラペル..ジャケットの襟の間がV字に見えることからVゾーンと呼ばれています。
人と相対する時、このVゾーンが目に行くことも多く
スーツやジャケットのスタイリングもそうなのですが
Vゾーンのバランスや色合わせによって
その人の印象を表現することができます。

一番表現をしやすいのがVゾーンの色。
色のイメージは、比較的分かりやすく
その中でも、ネクタイの色を選ぶだけでも
相対する人への印象付けを行うことができます

色の持つ心理効果
  • 赤 情熱的・活動的・説得力
  • オレンジ 暖かい・楽しい・親しみ
  • 黄色 好奇心・向上心・幸福
  • 緑 穏やか・平和・協調
  • 青 冷静・誠実・清潔・若い
  • 紫 高貴・優雅・魅力的
  • 茶 温和・力強さ・堅実
  • 白 清潔・潔さ・純粋
  • 灰色 調和・上品・控えめ
  • 黒 高級感・男性的・洗練・重厚感

一部ではありますが
これだけでも印象付けたい、表現したい色の選択がし易いかと思います。

例えば会議でのプレゼンや学会の発表等、ここ一番の時は
赤色のネクタイが選択肢として挙げられます。
これは別に”パワータイ”とも呼ばれ、実際に海外では
選挙の際に赤色のネクタイを着用されている方も多いはずです。

新入社員で青、ネイビー系のネクタイが多い理由も
上記の色イメージに当てはまります。
販売する側がフレッシュさや爽やかな、というイメージを添えて提案されているシーンもしばしばありますね。

上記全色のネクタイを持つ必要はありませんが
手持ちのネクタイの色とイメージを照らし合わせてみて
気分やその日の予定によって
ネクタイを選んでみてはいかがでしょうか。

いつもと同じスタイリングでも、表現するイメージを分かった上で着用すると
自然とそのイメージに合った自分を演出することができますよ。

ちなみにこの色の持つ心理効果は、ネクタイ以外でももちろん適用されます。
そうなると、よりファッションが楽しくなって…くるといいな。
次回は実際にVゾーンのバランスについてお話します。